食品ロス もったいない! 業務用に活路(日本農業新聞)



 食べられるのに捨てられる「食品ロス」対策で、経営利益につなげる農家がいる。丹精した生産物を無駄にせずに利益を生み出すように販路開拓し、産地のPRにもつなげている。

静岡 トマト サイト仲介 飲食店に

 業務用の高糖度トマトを周年で施設栽培する静岡県袋井市の農業ベンチャー「Happy Quality」は、これまで廃棄していた裂果トマトの販売を始めた。

 「わずかに裂果してしまう実がもあるが、おいしいのに捨てるのはもったいない」と代表の宮地誠さん(44)。インターネットで生鮮品などを仲介するサービス「tabeloop(たべるーぷ)」に出品している。裂果していても飲食店などが喜んで買い求め、1キロ300円で売れる。宮地さんは「無駄なく消費されるのがうれしい。利益も出る」と胸を張る。

 「たべるーぷ」を運営する「バリュードライバーズ」の佐伯祐二郎代表は「規格外野菜やパッケージ不良の食品は貴重な食料。農家などの売り手と飲食店や食堂などの買い手双方の利益になり、食品ロス削減にもつながる」と意気込む。

北海道 イチゴ アイス開発 周年販売

 北海道浦河町のイチゴ農家3人のグループ「北海道ストロベリープロモーション」は、夏秋取りイチゴの規格外品を使い「夏いちごアイス」を開発。代表の加藤純さん(45)は新規就農者で、2017年からイチゴ生産とアイス開発を始めた。

 生産するイチゴ「すずあかね」は、ケーキなど製菓の飾りとしての需要が高く、規格が厳しい。生産量5トンのうち2、3割は規格外になるため、アイスの原料にしようと考えた。釧路市の乳業メーカー、製菓業者と試作を繰り返し、果汁と果肉が1個分の容量(90ミリリットル)の半分以上を占める商品を生み出した。

 「夏いちごアイス」は大手スーパーのイオンが北海道で開いた社内見本市で社員投票1位になり、7月中旬から新ひだか町のイオン静内店で1個350円で常設販売する。昨年から浦河町のふるさと納税返礼品にも使われていて、引く手あまただ。今年は昨年の倍の2万5000個を作る。

 加藤さんは「売り物にならない規格外品が周年販売できるアイスになった。食品ロス削減と地域PRの一挙両得だ」と実感する。

日本農業新聞



【関連記事】

Related Post



コメントを残す