大前研一が断じる「今後に勝ち残る人材戦略」(東洋経済オンライン)



松下電器産業(現パナソニック)の松下幸之助氏やソニーの盛田昭夫氏、中曽根康弘元首相、マレーシアのマハティール・ビン・モハマド元首相など、世界の政財界トップに対して長年コンサルティングとアドバイスを行ってきた大前研一氏。
「大前研一『20世紀の人材観が会社を滅ぼす』」(10月20日配信)、「大前研一『イノベーター育成はインドに学べ』」(10月27日配信)に続き、新著『大前研一 デジタルネイティブ人材の育て方』から21世紀に必要とされる人材について、大前氏が大胆に予測、提言する。

この記事の写真を見る

■21世紀、必要な人材採用の方法はこう変わった

 人材に関しては、すべてを自前でそろえる必要はない。また、どのような人材ポートフォリオを構成するのかという観点から考えていくべきだ。

 日本企業の人材戦略・雇用制度の論点を挙げるとすれば、次の10点になる。

(1)新卒採用か中途採用か
(2)採用する年齢を引き下げてはどうか
(3)年齢差のある職場は問題があるのか
(4)正規社員か契約社員か
(5)イミ(移民)ノミクスをいかに達成するか。その場合、もともといる社員の役割はどうなるか

(6)ダイバーシティにどう取り組むか
(7)会社側にとって従業員の副業は是か非か
(8)サバティカル(長期休暇)をどう考えるか
(9)アントレプレナー人材を社内に取り込むことは可能か
(10)人材データベースをどうするか

 各社でこれらを1つずつ、時間をかけて検討していかなければならない。

■新卒一括採用はやめるべき。年齢差のある職場はプラス

 簡単に私の考えを述べると、まず新卒一括採用はやめるべきだ。今のように、苦労して採用しても5年後に半分に人数が減っているような状態では、投資効率が悪すぎる。

 それに、いくら有名大学を卒業したといっても、日本の大学は事業のことなどわかっていないし、21世紀の企業に必要なことなど1つも教わってきていないのだから、役に立つはずがないのである。それよりも、他社で働いてスキルをもった28歳~32歳くらいまでの人間を採ったほうがいい。

 逆に、12~18歳だと、21世紀向きの人材だといえる。すでにドワンゴは高校1年生の山中勇成氏をスカウトしているし、cookpadも中学を卒業後、高校に進学せずアルバイトをしていた福森匠大氏を開発者として採用している。優秀な人材を採用するのに、大学を卒業する22歳まで待つ必要などないのだ。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す