ビームス社長「NIKEを売るのは大冒険だった」(東洋経済オンライン)



10月27日の発売開始後すぐに10万部を突破し、早くも「2017年最高のビジネス書」との呼び声が上がっているナイキ創業者の自伝『SHOE DOG(シュードッグ)』。

この記事の写真を見る

まだ誰も知らなかったナイキに注目し、1977年からナイキ製品を取り扱い始めたビームスの社長の設楽洋氏に、ナイキとの出会いとその魅力、本書の感想を語ってもらった。

■最初は売れなかったナイキ

 ――ビームスでは、いつごろからナイキを取り扱っていたのですか? 

 そもそもビームスは1976年、「アメリカンライフショップ ビームス」という屋号でオープンしました。アメリカの若者のライフスタイルを日本人に提供する、というコンセプトがあったからです。

 7畳ほどの小さなスペースに、UCLAの学生寮の部屋を再現しようとしました。パイン材のテーブル、スケートボード、Tシャツやジーンズ、そしてスニーカーなどを置いたんです。そこでナイキも販売しました。初めてナイキを置いたのは、オープンの翌年の1977年です。

 ところが、ナイキはすぐには売れませんでした。当時の日本ではスニーカーといえばコンバースやケッズが有名でしたが、それさえもなかなか手に入らない。そんな中で、新興のナイキを知る人がい少なかったのは当然でしょう。まれに新しいもの好きやスニーカーマニアのお客様が珍しいからと買っていく。後に爆発的人気を博したエアでさえ、最初は売れなかったですから。

 当時のナイキの商品のひとつにローラースケートのついたスニーカーがありました。私たちはそれを取り扱っていましたが、ぜんぜん売れない。次の商品が仕入れられないからと、私が自分で買ったほどです(笑)。

 ちなみに、そのスニーカーはいまでも社長室に飾ってあります。数年前、当時のナイキ社長がビームスのショップに来訪したときに、このスニーカーを履いて出迎えました。この商品が現存していることに驚き、喜んでくれました。

 ――どうして知名度の低かったナイキに注目されたのですか? 

 ビームスがオープンする少し前、アメリカではベトナム戦争が終わり、若者の生活が変化した時期でした。それまで、ジャズやソウルなど「夜の世界」を感じさせるサウンドが流れていたのが、「ホテル・カリフォルニア」のような明るい「昼の世界」のサウンドがはやりはじめた。そして、青い空の下若者たちがスニーカーを履いてランニングやスケボーを楽しみ、サーフィンをするようになりました。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す