BMW MINI「最強仕様」乗ってわかった実力(東洋経済オンライン)



7/23(月) 6:00配信

東洋経済オンライン

 2001年に登場したBMW「MINI(ミニ)」は、「大衆車の傑作」と呼ばれたクラシックミニのデザインを踏襲しながら、「プレミアムスモールセグメント」としてすべてを刷新。当初は賛否もあったが、一目でミニだとわかるうえに質感の高い内外装、「FF(前輪駆動)のBMW」と形容される走りなどが高く評価され、今ではミニ=BMWミニを思い浮かべる人のほうが多いだろう。

【写真】これがMINI最強のジョン・クーパー・ワークスだ!

■MINI「ジョン・クーパー・ワークス」とは

 そんなミニのスポーツバージョンというと「クーパー/クーパーS」が有名だが、さらに上のグレードが存在する。それが「ジョン・クーパー・ワークス(JCW)」だ。

 そもそもジョン・クーパーとは、1960年代にクラシックミニを素材にしたレーシング活動に関わり、チューニングされたミニでモンテカルロラリーを3度も制した人物のことだ。彼の名を冠したワークスマシンというだけあり、ミニのラインナップの中で最も速く、ハイパフォーマンスなモデルであることを意味している。

 3代目となる現行モデルは2013年に登場。見た目はキープコンセプトながらもボディサイズは一回り拡大、3ドア初の3ナンバーボディとなった。パワートレインやシャシーも一新されパフォーマンスも大きく向上。そんなJCWだが、2018年にノーマルモデル同様に初のマイナーチェンジを実施した。

 エクステリアは愛くるしいミニを精悍な印象に変貌させただけでなく、空力・操縦安定性にも貢献する専用デザインの前後バンパー/リアウイングは変更ないがライト類を刷新。ヘッドライトを取り囲むリング型のデイライト(ウインカーの役割も担う)を採用することで、今まで以上に人の顔に見える(!? )テールライトも新デザインのLED式に変更。一目でわかるモチーフはミニの故郷であるイギリスの「ユニオンジャック」である。

 インテリアは操作系スイッチレイアウトの変更など細かい変更がメインだ。具体的にはシフトレバー根元にあったドライブモード切り替えダイヤルはセンターパネルのトグルスイッチ内に移動。また、ナビを含めたインフォテインメント機能もタッチスクリーン式へアップデートされるなど、利便性や使い勝手がアップされている。

 エンジンは吸排気系、タービン、エンジン内部など専用アイテムにより231馬力/320Nmのパフォーマンスを誇る2L直噴ターボを搭載するがスペックは変更なし。トランスミッションはMT/ATが用意され、日本仕様のATは今回のマイナーチェンジで6速→8速に変更されている。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す