「分かってはいても変えられない」を変えたい 住友生命保険の橋本雅博社長(産経新聞)



 健康増進型保険の新商品「バイタリティ」の発売を前に、住友生命保険の橋本雅博社長が17日までに、産経新聞のインタビューに応じた。橋本社長は、「『分かってはいても変えられない』という非合理的な行動を変えたい」と新商品に込めた願いを語った。

 橋本社長は、この保険は国民の健康寿命の延伸にも貢献でき、国の施策にも合致している取り組みだと考えたとし、開発を表明してから商品化まで2年を費やしたことを明かした。

 一方、健康増進型保険をめぐっては同業他社も続々と新たな動きをみせているが、「自分たちが作ったコンセプトをお客さまにお伝えするだけ」と話した。

 健康増進に関しては注目も大きく、「CM、SNSなどあらゆる手段をフル活用する」と積極的に宣伝する意向を示した。健康に良いと分かっていてもなかなか行動できない人が多いことを挙げ、「保険をきっかけに加入者がウオーキングしようということになれば、日本全体が健康になる」と狙いを語った。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す