ソースネクスト、携帯型の音声翻訳機事業に参入 訪日客“言葉の壁”解消に貢献(SankeiBiz)



 ソフトウエアの企画開発を手掛けるソースネクストは、携帯型の音声翻訳機事業に参入した。政府は東京五輪・パラリンピックが開催される2020年までに訪日外国人4000万人を受け入れる目標を掲げているが、訪日客の約3割が「言葉が通じないことで困った」という調査結果があることから翻訳機によって“言葉の壁”の解消を図るビジネスに乗り出す。旅行やビジネス、接客など幅広い場面でのニーズを捉えることで、20年までに50万台の販売を計画している。

 12月に発売する「POCKETALK(ポケトーク)」は、手のひらサイズの端末のボタンを押して話すだけの簡単操作と、クラウド上の翻訳エンジンに連動することで高い翻訳精度を実現した。50言語以上に対応。専用端末のボタンを押して話すと、あらかじめ指定した言語に翻訳する。

 日本語と英語ではグーグル翻訳、日本語と中国語ではバイドゥ翻訳など、クラウド上の複数のエンジンから最適なものを選択できる。

 短い言葉だけでなく、複雑で長い会話にも対応する。例えば「こちらのエレベーターは5階には止まらないので、エスカレーターか階段をご利用いただけますでしょうか。エスカレーターはこの通路を進んだ右側にあります」という日本語に対して、訳語が端末のディスプレー上に示され、音声も発する。一部の言語はテキストだけを表示する。ポケトークは専用機にすることで操作が簡単になり、音声も聞き取りやすく、使い勝手が格段に向上している。

 スマートフォンを用いた翻訳アプリはすでに活用されている。しかし、起動するまでに手間がかかるほか、相手にスマホ本体を渡す必要があり盗まれる不安もあった。

 端末はオランダのトラビスとの共同開発で、国内ではソースネクストが独占販売する。世界61カ国で使用できる専用SIMカード付きは3万2184円で、2年間使い放題。SIMカードなしは2万6784円で、Wi-Fiに接続する。ソースネクストの直販サイトのほか、全国の主要家電量販店で販売する。事業者向けには月額3000円でレンタルする。

 外国人とのコミュニケーション手段だけでなく、同社の主力製品の一つである語学学習ソフト「ロゼッタストーン」との連携も検討している。ソースネクストの松田憲幸社長は「今後、外国語習得に意欲的な人と、語学学習は不要と考える人の双方に向けた事業に取り組み、だれとでもコミュニケーションがとれる世界を実現したい」と話している。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す