WOWOWが「テニス中継」に全力でこだわる理由(東洋経済オンライン)



7/14(土) 6:00配信

東洋経済オンライン

 スポーツコンテンツは賭け――。放送業界でよく聞かれる言葉だ。日本代表が活躍するか、日本人のスター選手が現れれば、一気にそのスポーツの人気も高まる。だがそうでなければ、多額の放映権料などの投資は報われずに終わる。放送局の体力と忍耐力が問われるビジネスだ。しかし最近、20年以上にわたる“ある賭け”に勝ち、ひたすら強化に邁進する局がある。衛星放送のWOWOWだ。

【写真】大坂なおみ、ナダル、フェデラー…人気に火をつけた選手たち

 その賭けの正体が、テニスだ。ナダル、フェデラー、ジョコビッチ、マレーという男子スター選手の「BIG4」が飛躍し、錦織圭選手や大坂なおみ選手など、日本人選手も世界のトップレベルで激戦を繰り広げるようになった。

■日本で唯一グランドスラムすべてを放送

 テニスは今や、日本でも幅広いファン層を抱えるスポーツの1つ。特に現在開催中の英国・ウィンブルドン選手権は世界最高峰の大会として毎年注目を集める。残念ながら錦織選手は男子シングルス準々決勝で、大坂選手は女子シングルス3回戦で敗退。明日7月15日には男子シングルスの決勝が行われ、盛り上がりはピークを迎える。

 ウィンブルドン、全豪オープン(1月)、全仏オープン(5~6月)、全米オープン(8~9月)は4大大会(グランドスラム)と呼ばれ、それぞれの開催時期には世界的にテニス熱が高まる。

 そんなグランドスラムを日本で唯一、全大会放送しているのがWOWOWなのだ。映画や音楽ライブ、舞台、独自ドラマのほか、ボクシングやゴルフなどスポーツに強い。テニスは目玉コンテンツの1つだ。4大大会の期間中は毎日10時間近く、合計160時間ほど放送する”テニス祭り”状態で、これを求めて加入するファンも多い。田中晃社長は「テニスはWOWOWの看板であり、キラーコンテンツだ」と胸を張る。

 なぜ熱心なテニスファンがWOWOWに集まるのか。まずは試合中継だ。4大大会の場合、映像はホスト局の放送事業者によるものを放送する。そのため、独自の要素はアナウンサーによる実況と解説になる。しかし、WOWOWの実況・解説の最大の特徴は「しゃべらないこと」に尽きる。これはいったいどういうことなのか。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す