千葉県 改正廃棄物処理法で説明会(日刊産業新聞)



 千葉県環境生活部廃棄物指導課は12日、千葉市中央区の千葉県教育会館で「有害使用済機器に係る届出等説明会」を開き、スクラップディーラーなど約70人が出席した。千葉県内事業者だけでなく、他県からの出席者もあり、関心の高さがうかがえた。これは2018年4月に施行された改正廃棄物処理法に関する説明会で、これまで環境省主催で実施していたものの、地方自治体主催での開催は珍しい。千葉県は雑品類を不適切に取り扱う外国系業者が多く、火災が発生したこともあり、自治体としての意識が高い。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す