三和鉄鋼、加工製品の計測自動化へ(日刊産業新聞)



 神戸製鋼所系の鋼板加工業者である三和鉄鋼(本社=愛知県海部郡飛島村、渡邊光社長)は、鋼板加工部門における品質保証体制の強化策の一環として、スリッターラインに加工製品の自動測定装置を導入する方針だ。製品の計測に伴う設備稼働停止をなくし、生産性向上を図りながら品質の強化を両立することが狙い。今後、具体的な導入設備の検討を進め、1年以内での導入を目指す考えだ。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す