17年度業績ランキング 新報国製鉄がROSトップ(日刊産業新聞)



 産業新聞社まとめによる鉄鋼・加工メーカーの2017年度「連結業績ランキング」は、売上高、経常利益ともに新日鉄住金が首位をキープし、売上高経常利益率(ROS)は新報国製鉄がトップに躍り出た。13年度からの5年間を振り返ると、ROSは丸一鋼管、日鉄住金ドラム、大和工業、丸一鋼管、新報国製鉄とトップが入れ替わったが、東北特殊鋼を含む5社は安定して上位に入っている。また日本精線、中山三星建材、日東精工、JFEコンテイナー、ネツレン、大阪製鉄、東京製鉄なども4―5年間トップ20に入り、安定して高収益をあげている。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す