対話型人工知能開発を行うSELF、AI開発へ2億5000万円資金調達(SankeiBiz)



 対話型人工知能(AI)開発を行うSELF(東京都新宿区)は、東京理科大ベンチャーファンドとエイベックスを引受先とした第三者割当増資により、2億5000万円の資金調達を実施した。調達資金はSELFのAI開発とサービス拡充に適用する。

 SELFのAIは、自動コミュニケーションを可能とする会話エンジン。自動的に理解と推測を行い、自然な会話を進めることができる点が特徴だ。エイベックスは同社グループが運営するアーティスト育成スクールに、サービスナビゲーション型AIの導入を行う予定で、自然な接客体験を自動化。会員や入会希望者にとって必要かつ有効な情報を分かりやすく伝え、サービスの利用促進を目指す。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す