トヨタ、次世代クラウン・カローラの重大使命(東洋経済オンライン)



6/27(水) 6:00配信

東洋経済オンライン

 トヨタ自動車は6月26日、会社を代表する2大モデルの新型車について、異例の同時発表に踏み切った。

【写真】LINEトークで目的地設定ができる

 この日お披露目されたのは、国内高級車の代名詞「クラウン」と、世界で最も販売台数の多い大衆車の代名詞「カローラ」の新型車であるハッチバック型「カローラ スポーツ」だ。この2モデルは価格帯や販売戦略がまったく異なるため、通常は発表を切り分けた方が宣伝効果は大きい。それでもあえて同日発表に踏み切ったのは、共通のミッションを背負っているからだ。

 今回のクラウンとカローラは、インターネットと常時接続する、トヨタの「コネクテッドカー(つながる車)」の初代車という位置づけだ。車の中にDCM(データ・コミュニケーション・モジュール)と呼ばれる無線通信装置を標準搭載し、車両データがネットで車外に送信され、運転のサポート情報などを提供する。2020までに日米で販売するほぼ全車種をコネクテッドカーにする方針だ。

■“コネクテッドの本気”を見せつけたい

 自動車業界は今、電動化や自動運転開発の進展により“100年に1度の変革期”にあるといわれる。中でも基盤となるコネクテッドの分野は競争が激しい。トヨタの商品企画担当者は「高級車、大衆車の両方で同時発表すれば、インパクトを大きくできる。車の開発はもちろん別々に進めてきたが、発表日は調整してあえて合わせた。トヨタがコネクテッドに本気だということを見せつけるためだ」と鼻息が荒い。

 実際、当日は気合が入っていた。招待客向けイベントを全国で同時に実施。車のコンセプトが“つなぐこと”だけに、東京や名古屋、福岡など全国主要7都市の会場をネットでつなげ、120の販売店にも同時中継するなどして盛り上げた。

 新車発表の場としては珍しく豊田章男社長も姿を見せ、東京会場で「カローラとクラウンは日本のモータリゼーションを牽引してきた車。移動する楽しさがあった。今回も本当に楽しい車に仕上がったと自信を持っていえる」と語ったうえで、「今、その楽しさの概念が変わった。走る、曲がる、止まるに加えて、つながるという性能が求められている」と強調した。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す