つながる車 トヨタ加速 AI検索・緊急車両手配 まずクラウン・カローラ(産経新聞)



 トヨタ自動車は26日、車載通信機を標準装備した「コネクテッドカー(つながる車)」の第1弾として、新型「クラウン」と新型車「カローラスポーツ」を発売した。両車種ともインターネットによる通信で利便性や安全性が高められている。トヨタは今後投入する車種のほとんどに通信機能を持たせて年100万台規模のつながる車を販売する方針で、普及が進むか注目される。

 「車には走る、曲がる、止まるだけでなく、『つながる』という新しい性能が求められている」

 トヨタが26日に全国7カ所を中継でつなぐなどして開いた一般向け発表会。豊田章男社長は東京会場から新機能をアピールした。

 つながる車では、音声操作で人工知能(AI)が近くの飲食店などを探したり、ニュースや天気などの情報を知らせたりする機能を搭載。無料通信アプリLINE(ライン)との連携では、愛車を「友達」に登録すると車外からカーナビの目的地を登録したり、ガソリンの残量や天気といった情報を得られたりする。

 また車両の情報が常時、トヨタのセンターに送信されることで、最適な時期にメンテナンスに関する情報を受け取れる。さらに故障時にはコールセンターが走行の可否などを助言。事故でエアバッグが作動し、乗員の応答がなければ緊急車両を手配するという。

 トヨタはつながる車で「見守ってくれる人といつでもつながることができる」(友山茂樹副社長)新機能を前面に押し出す。サービス料は最初の3年間は無料で、4年目から年1万2千~1万6千円。普及を進めるには有料でも継続してもらうことが必須だが、趣味の多様化などで若い世代は定額の支払いを絞る傾向もあり、今後の機能拡充が鍵を握りそうだ。

 昭和30年誕生のクラウンと41年誕生のカローラは固定ファンが多いが、他車種からの乗り換えは少なく、若い世代からは選ばれにくい。つながる車の機能に加え、デザインや走行性能の一新で新規顧客の取り込みを狙う。クラウンは460万6200円から、カローラは213万8400円から。(高橋寛次)

【関連記事】

Related Post



コメントを残す