美容、モノよりサービス体験 高島屋で新たな売り場 横浜(産経新聞)



 高島屋は26日、美容サービスを提供する新たな売り場を横浜店(横浜市西区)に開設し、報道陣に公開した。モノの販売よりも眉の手入れなどのサービス体験を重視した売り場で、初年度の売上高目標を5億円としている。

 売り場は「好感が持てる美しい人」を意味する「ベルサンパティック」と名付けられ、27日に婦人服などを扱う同店4階にオープンする。売り場スペースは約400平方メートル。従来の化粧品売り場とは異なり、プロのサービスを体験する「コト消費」に力点を置き、20~50代の女性を主な顧客に想定している。

 売り場では美容サロンなどを手掛ける「ウカ」が監修した美容サービスを提供。眉の手入れや爪の手入れ、ヘアアレンジといった約70種類のメニューを用意した。働く女性らが仕事帰りや家事の合間に立ち寄れるよう、30分以内で受けられる時短コースを取りそろえたのも特徴だ。

 顔形を分析して最適な化粧法を提案したり、効果的な化粧の仕方について学ぶイベントも開催する。またスキンケアなど化粧品の販売も行う。高島屋は今秋、日本橋店にも同様の売り場の開設を計画している。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す