インフラ民営化などテーマのコンセッションフォーラム開催(産経新聞)



 公共インフラの民営化などをテーマにしたシンポジウム「未来のインフラ事業創造フォーラム コンセッションとグリーンエネルギー」(産経新聞社・インフラビジネスJAPAN共催)が26日、大手町サンケイプラザ(東京都千代田区)で開かれた。外資系企業を含む民間企業や自治体関係者ら約200人が参加した。

 来賓の梶山弘志地方創生担当相は、公共インフラの持続のためには民営化が欠かせないことを強調。「地域事情を熟知した企業の積極的な参加が重要だ」と述べた。また国土交通省の森昌文技監は基調講演で、自治体などでの最新の取り組みを説明した。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す