役員報酬 1億円以上開示企業が100社超え【6月26日17時現在】(東京商工リサーチ)



 6月26日17時までに、2018年3月期決算の有価証券報告書が確認された上場企業は980社を数える。このうち、1億円以上の報酬を受け取った役員を開示したのは109社、人数は248人だった。
 26日までに開示された248人のうち、報酬額が前年より増えた役員は122人(構成比49.1%)。また、前年に開示がなく、2018年3月期に1億円以上の報酬を受け取った役員は78人だった。
 これまでに開示された2018年3月期の役員報酬額では、ソニーの平井一夫前社長の27億1300万円(前年9億1400万円)が最高で、歴代5番目。開示人数が最も多かった企業は、東京エレクトロンの10人(前年9人)。
 報酬は、業績に連動した体系に変化しつつあり、またストックオプション、株式報酬など非金銭報酬による報酬も目立ってきている。2018年3月期決算は、前年に引き続き好決算を公表している企業も多く、開示の社数・人数ともに前年を超えるペースで推移している。
【参考】2017年3月期:個別開示222社、463人。
※役員報酬1億円以上の開示は、「改正企業内容等の開示に関する内閣府令」に基づき、2010年3月期決算より報酬等の総額、報酬等の種類別(基本報酬・ストックオプション・賞与・退職慰労金等の区分)の総額を有価証券報告書に記載することが義務付けられた。

個別報酬額 上位50人のうち、34人が報酬増額

 6月26日17時現在、有価証券報告書の提出が確認された980社のうち、役員報酬が1億円以上の個別開示は109社、248人となった。
 役員報酬の最高額は、ソニーの平井一夫前社長(現会長)で27億1300万円(前年9億1400万円)。2位がソフトバンクグループのロナルド・フィッシャー取締役副会長の20億1500万円(前年24億2700万円)、3位がマルセロ・クラウレ取締役副社長COOの13億8200万円(前年開示なし)と続く。
 報酬額が1億円以上の248人のうち、前年より報酬が増えた役員は122人(構成比49.1%)。減額は46人、同額は2人。前年は開示なく、2018年3月期に開示されたのは扶桑化学工業の赤澤良太前代表取締役社長(報酬額10億3400万円)や、2017年12月に再上場した(株)カチタス(旧:(株)やすらぎ)の新井健資代表取締役社長(報酬額1億5800万円)など78人。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す