株主総会 「無資格検査に謝罪を」と求める日産株主 ゴーン議長は…(産経新聞)



 日産自動車は26日、横浜市内で定時株主総会を開いた。議長を務めたカルロス・ゴーン会長は、改めて仏ルノーとの経営統合に否定的な考えを示唆。株主からは、新車の無資格検査問題でゴーン氏に謝罪を求める厳しい質問も出た。

 ゴーン氏は冒頭、仏ルノー、三菱自動車とのアライアンス(企業連合)について説明。「2017年にはアライアンスで1060万台以上を販売し、乗用車で世界首位となった。22年には総売上高25兆円を達成し、1400万台以上を販売する計画だ」と胸を張った。

 焦点となっているのは、ゴーン氏が将来、退任した後も連携を続けていける組織的な手当てだ。現在の企業連合は、3社の会長を兼務するゴーン氏の個人的なリーダーシップに依存しているからだ。

 しかし、ルノーの大株主であるフランス政府はルノーと日産の経営統合を求めているとされ、事態は複雑になっている。

 これについてゴーン氏は、「アライアンスの持続可能性を担保する手段は複数考えられるが、会長として今後も日産の業績向上と株主の利益を守ることを約束する」と強調した。三菱自の総会でも議長としてルノーとの経営統合を否定しており、改めて日産の独立性を守る考えを示したもようだ。

 質疑では、昨秋発覚した新車の無資格検査に対して厳しい意見も出た。ある株主は、質問を受ける株主を7人程度に限定するゴーン氏の議事運営を批判。「さっさと片付ければ1年間は安泰。あたかもそのような運営に見えることが問題だ」と述べた。

 ゴーン氏はこれについて「長時間を求める株主の方々が多ければそうする。質問から逃れたいということは一切ない」と主張した。

 株主はまた、「日産といえばゴーンさんなのに、無資格検査問題ではわれ関せずだ。記者会見で謝罪してはどうか」とただした。

 ゴーン氏はこれに対して、「CEO(最高経営責任者)というのが会社のボス。私は取締役会長だ。日産のボスは西川(広人社長)で、その足を踏む気はない。現在のボスの責任を尊重しなければならない。何かから逃れるわけではない。私はこれまでの仕事に誇りを持っている。誰かをトップに就任させれば、その責任を尊重しなければならない」と述べた。

 一方、役員報酬については総会で、ゴーン氏が7億3千万円、西川氏は5億円だと明らかにした。報酬を一部返上した西川氏が前年から26%増だったことについてゴーン氏は「前年は西川はCEOではなかった。当社に匹敵する会社と比べると、西川の報酬は非常に低い。優秀なリーダーを持つ重要性を考えると、不適切な水準ではない」と強調した。

 ゴーン氏は7人で質問を打ち切り、元レーシングドライバーの井原慶子氏を社外取締役に充てる選任案など3議案を可決し、1時間53分で閉会。出席株主数は前回の2250人から大幅に増え、過去最高の4188人だった。



Related Post



コメントを残す