「日本の正確な情報を知っているか甚だ疑問」 自動車の追加関税検討の米国に麻生太郎財務相(産経新聞)



 麻生太郎財務相は26日午前の記者会見で、トランプ米政権が検討している自動車への追加関税について、今後の日米経済対話で議論される懸念があるか問われ、「少なくとも日本に関する正確な情報を(米国が)どれくらい知っているか甚だ疑問だ」と、あきれ顔で話した。

 麻生氏は「(米側の交渉官が)日本社会党がなくなったことも知らないところから(日米経済対話)はスタートしている」と説明。また、米国の日本車の輸入台数より米国から輸出される日本車の台数が多いことも米側は認知していないと指摘した。

 麻生氏は、経済対話開始から1年以上が経過したことで日米の理解は深まっているとの認識を示しつつも、「そういうレベルから(経済対話は)スタートしてますから、十分時間をかけて(交渉を)やっていかないといけない」と強調した。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す