アパレルの勝ち組がなぜ和歌山にサバゲー施設? 日経クロストレンド・ウォッチ(日経トレンディネット)



 アパレル「チャオパニック」「ガリャルダガランテ」や雑貨「スリーコインズ」などの専門店を全国に935店舗展開するパルが2018年3月17日、和歌山県白浜町にアウトドア型のサバイバルゲーム(サバゲー)施設をオープンした。サファリランドや温泉、海水浴場などがそろった、関西の人気行楽地である白浜に新たな観光スポットとして登場。サバゲーは数年前にブームになり、都心にも気軽に楽しめる施設が増えた。しかしなぜ今、アパレル企業がサバゲー施設を運営するのか、現地に潜入して探った(マーケティングの先端動向を伝える新デジタルメディア「日経クロストレンド」から記事を転載してお送りします)。

●ガンマニアから初心者、女性も

 JR新大阪駅から「特急くろしお」に乗って約2時間半、さらにJR白浜駅から路線バスで約10分。有名な白良浜海水浴場や三段壁などの観光スポットに向かう途中に、近畿大学水産研究所が所有する養殖実験場がある。その横道を少し山あいに向かって歩くと、パルが運営するサバイバルゲーム施設「イコラパークス」のエントランスが見えてきた。

 施設全体の総面積は約3万坪。小高い山の谷間に広がる自然のままの広大な土地を利用したアウトドアの複合レジャー施設だ。サバゲーだけでなく、エアソフトガンのシューティング場とBBQ場、キャンプ場(夏季限定オープンの予定)を設け、サバゲー未経験者も気軽に遊べる内容になっている。

 オープン2日目に集まった参加者は、ほとんどが迷彩服で決めたサバゲーマニアの男性客だった。ゲームに必要なエアソフトガンも自前のものを持参して参加。年齢は中学生から40代くらいまでで、カップル客もちらほらいる。この日は予想以上にマニアの参加が多かったが、オープン以来、初心者や女性チームの参加も増えているという。

店舗づくりのノウハウ生かしたリアルな演出

 サバゲーはエアソフトガンを使って撃ち合う“大人のゲーム”だ。2チームに分かれて勝敗を決める。敵陣のフラッグを取る陣取り合戦が基本で、敵に弾を命中させて全員倒すと勝ちなどといったさまざまなルールがある。

 イコラパークの場合、ゲームは1回15分。参加人数は最低4人から80人まで。休憩をはさんで1日何回もゲームがあり、途中参加も可能だ。知らない者同士がチームになって戦うこともあり、他人と交流できるのも楽しみの一つといえる。

 陣取りが繰り広げられるフィールドを見学すると、そこにはちょっとした映画のセットのような空間が広がっていた。トタン板の古びた民家や歓楽街、蚤の市に秘密基地、諜報室……。映画『スワロウテイル』に登場する無国籍風の架空の街のようだ。

 間取りや小道具などへのこだわりように、地元・和歌山から参加したカップル客は驚きを隠せない。「ツイッターで公開している製作過程を見たが、ここまで凝ったフィールドは初めて。屋外施設の場合は風の向きまで考えて攻めないといけないし、いままでと違うリアルな感覚を体験できるのが良い」。

 イコラパークスのPRを担当する同社の白井亮氏は、その点についてこう説明する。「非現実を楽しんでもらうためには、いかにリアルな仮想空間を作り出すかがポイント。巨大迷路のような区画のなかに部屋のセットを作った。すべて自分たちの手で製作。ずっとアパレルや雑貨の店を作ってきたので、店舗演出のノウハウを生かせた」という。

 実際にフィールドでの接近戦を間近で見ると、「ダダダダダッ」というエアガンの迫力ある銃声が耳に響いてきて臨場感たっぷり。場内ではイスラム音楽のBGMがいっそう雰囲気を盛り上げる。「緊張感があり、ドキドキしながらも遠くから狙ってヒットするとすごくうれしい。これはゲームだけど、適度に動くのでスポーツでもある。日ごろのストレスも発散される」と、さきほどのカップル客が話してくれた。2人は約3年前から社内の同僚ら数人とサバゲーを始めたという。「これまでは休業日に大阪・泉佐野のアウトドア施設に行っていたが、ここだと仕事が終わってからでも来られるので毎週でも来たい」と、かなり気に入った様子だ。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す