「アベノミクス相場」はどこまで続く? 株価、過去最長の15連騰(J-CASTニュース)



 衆院選での自公圧勝を受けてはじまった2017年10月23日の東京株式市場は、前営業日(20日)から250円超上昇の2万1709円30銭でスタート。一時は2万1723円60銭まで上昇して年初来高値を更新した。

 終値は20日から239円01銭上昇の2万1696円65銭。日経平均株価は、衆院解散の翌週の10月2日から23日までに、1295円87銭も値上がり。過去最長の15連騰となり、1996年7月15日(終値2万1753円42銭)以来、約21年3か月ぶりの高値水準となった。

■米国の株高が後押し

 安倍政権の経済政策「アベノミクス」が信任を得たことで、円安・株高の「アベノミクス相場」が続きそうだ。250円を超える上昇ではじまった10月23日の東京株式市場は、いったん伸び悩む場面もあったものの、終始「買い」が優勢で、取引を終えてみれば、過去最長の15連騰を記録した。

 ニッセイ基礎研究所・金融研究部の井出慎吾チーフ株式ストラテジストは、「海外投資家があわてて買っているようですね」と話した。当面は、この連騰記録がどこまで伸びるかが、注目されるところだ。

 与党圧勝で、23日早朝の東京外国為替市場で円相場は下落。1ドル=113円93銭近辺と7月12日以来、約3か月ぶりの安値水準を付けた。前営業日の20日から、60銭程度の円安。日本の政治体制が安定し、日銀による異次元の金融緩和政策の継続見通しから、日米金利差の拡大を見込んだ「円売り・ドル買い」が先行した。米国の税制改革への楽観論が追い風になったこともある。同日16時時点では、1ドル=113円72銭近辺で推移している。

 株高は、こうした円安基調を背景に、輸出関連銘柄の伸びが目立つほか、企業の業績拡大への期待から背景に幅広い銘柄が買われている。連日の米国の株高が後押ししていることもある。

 前出の井出氏は、「一本調子ではありませんが、株価の上昇基調は続くでしょう」とみている。そのポイントは「企業業績」にあり、日経平均株価の適正水準が2万2000円~2万3000円に引き上がる可能性があると指摘する。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す