新幹線「乗客の手荷物チェック」は現実的か(東洋経済オンライン)



6/15(金) 5:30配信

東洋経済オンライン

■海外高速鉄道「手荷物検査」の実態

 新幹線乗車時に荷物検査を行うとなれば、おそらく航空機搭乗前に行われるセキュリティチェックのような段取りが組まれることになるだろう。

 日本国外では、このような乗車前のセキュリティチェックを行っている高速列車が実際に存在する。このような列車を運行するオペレーターが、旅客に推奨するチェックインなどの締め切り規定をざっと紹介したい。

<セキュリティチェックを伴う高速列車のおもな例>

●ユーロスター(英国―欧州大陸間国際列車)
遅くとも発車30分前に改札通過(すべての荷物のスキャン検査と目的国の入国審査がある)
●スペイン・AVE
発車30分前から改札開始、2分前にクローズ。旅客はセキュリティチェックを受けたのち、所定の待合室に入る
●中国高速鉄道(CRH)
発車20分前にチケット販売終了、4分前に改札クローズ。旅客はセキュリティチェックを受けたのち、所定の待合室に入る
●上海リニア
自動改札機の手前に検査機あり。待合室には随時入場可能。各便は出発5分前にホームへの入場が締め切られる

 これらの高速列車の駅に行くと、いずれも空港の出発ゲートエリアのように、検査を終えた人々向けの待合室が設けられている。また、ユーロスターと中国CRHでは、列車ごとに待合室の開放時間が決まっており、あまり早く駅に行ってしまうと、改札外で時間を潰すしかない。

 こうしてセキュリティチェックを行っている各国の例を見てみると、遅くとも発車の数分前には改札が締め切られてしまう。つまり、発車寸前の「駆け込み乗車」は無理、というわけだ。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す