過去最大2500億円投じ、東京ディズニーシーを拡張 「アナ雪」などテーマに新アトラクション(産経新聞)



 オリエンタルランドは14日、東京ディズニーリゾート(TDR、千葉県浦安市)の拡張計画を発表した。追加投資としては過去最大となる2500億円を投じ、東京ディズニーシー(TDS)を拡大させる。2022年のオープンを目指す。

 TDRとしては、TDS開設以来の大規模な用地拡充。新しいテーマパーク開設に相当する大規模なプロジェクトとなっている。

 TDSでは、ディズニー映画「アナと雪の女王」「塔の上のラプンツェル」「ピーター・パン」をテーマにしたエリアとアトラクションなどを開設するほか、ホテルも新設する計画だ。

 また、米ウォルト・ディズニーと締結している2046年までのテーマパークのライセンス契約を、2076年まで延長できる内容で、合意したことも発表した。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す