日立造船 大型固体高分子型水素発生機を開発(日刊産業新聞)



 日立造船は13日、メガワット級の発電施設において余剰電力の貯蔵を可能にする、国内最大となる200Nm3/hの水素を製造できる大型固体高分子型水素発生装置「HYDROSPRING」(固体高分子型)を開発したと発表した。2018年度は柏工場(所在地=千葉県柏市)で性能確認試験や耐久性試験など実証実験を進め、19年度の販売開始を予定している。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す