ペットボトルコーヒー、参入相次ぐ 市場の急拡大予測、サントリーは夏向け新商品発売(SankeiBiz)



 サントリー食品インターナショナルは13日、500ミリリットルペットボトル入りコーヒー「クラフトボス」の説明会を開き、夏向けに甘みを抑えた新商品「ブラウン」を19日から発売し、既存の「ブラック」「ラテ」を含めた3商品で今年は1500万ケース(1ケースは24本)の販売を目指す方針を明らかにした。他の飲料各社も今春以降、500ミリペットコーヒーを相次いで投入。このジャンルの急拡大が見込まれており、競争が激しくなりそうだ。

 クラフトボスは昨年4月の発売から9カ月で1000万ケースを販売。年間500万ケースで大ヒット商品とされるなか、異例の人気商品となっている。これまでの缶コーヒーが男性を意識した商品傾向が強い中、デスクワークの中で時間をかけて飲むことができるペットボトル入りは、若年層や女性に受け入れられ、新しい需要を開拓している。

 これを受けて、競合他社も追随。アサヒ飲料が「ワンダTEA COFFEE」を4月に、日本コカ・コーラが「ジョージア ジャパン クラフトマン」を5月に投入したほか、コーヒー大手の味の素AGFも「ブレンディ タグゴー」をこのほど発売した。

 サントリーは昨年4000万ケース程度だったペットボトル入りコーヒー市場が2020年には8000万ケース程度に倍増すると予測しており、今後も各社の商品強化の動きが続く見込みだ。(平尾孝)

【関連記事】

Related Post



コメントを残す