稼げる配信アプリ エイベックス注目の17 Liveとは?(日経トレンディネット)



6/3(日) 12:00配信

日経トレンディネット

 台湾発のライブ配信アプリを通じて、新世代のスターを発掘するオーディションを開催する――エイベックス・マネジメントと、ライブ配信アプリ「17 Live(イチナナライブ)」を運営する17 Media Japanは、2018年5月27日から「17 Live×avex オーディション」を始めた。

【関連画像】記者会見の会場到着後、DJプレーを披露するTRFのリーダー・DJ KOOさん

 同オーディションは、17ライバー(17 Liveでライブ配信するユーザーのこと)の中から“ぶっ飛んだ個性”を持つスター候補を発掘するのが狙い。歌、パフォーマンス、ダンス、トーク、演技など、ジャンルは不問で、求められるのは“1万人に1人”の才能だけだ。

 オーディションを勝ち抜いた17ライバーには、「エイベックス育成契約権」が与えられる。エイベックス・アーティストアカデミーの育成生として、半年~1年にわたり一流の講師陣から無償でレッスンが受講でき、日本全国で開催されるエイベックス主催イベントに出演する権利を得られるという。

●17ライバーから“ぶっ飛んだ個性”を発掘する

 5月22日のオーディションの記者発表会には、ダンス&ボーカルグループ「TRF」のリーダーであるDJ KOO さんが登場。DJ KOOさんは17 Liveを配信しながら記者発表会の会場まで向かったとのこと。登場の瞬間、記者から多くのフラッシュを浴びながら、ライブ動画の中から飛び出てきたかのようなパフォーマンスで入場。ステージに上がるとDJプレーを披露し、会場を大いに盛り上げた。

 その後、17ライバー2人が講師となり、ライブ配信のコツや17 Liveの楽しみ方をDJ KOOさんに伝授した。

 「コメントや“いいね”をすると、(17ライバーは)きちんと一人ひとりにリアクションしてくれる。すごくうれしくて、思わず夢中になっちゃいました!」とDJ KOOさん。

 オーディションについては、「この取り組みは新しいムーブメントを作るということ。みんなをHAPPYに、元気にするスターを見つけてもらいたいと思います!」と期待を語った。

 スターを目指す者にとって夢の権利であるエイベックスの育成契約権。それをゲットする17ライバーは誰になるのか。17 Liveアプリ内で5月27日~6月9日にオンラインイベントが開催され、最終選考が6月23日に行われる。今後の展開に注目したい。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す