新4K8K放送、開始まで半年 鮮明な映像売り/機器は高額(朝日新聞デジタル)



 12月に始まる「新4K8K衛星放送」の半年前式典が1日、東京都内で開かれた。鮮明できめの細かい映像が売りだが、視聴するには対応するテレビや受信機をそろえる必要がある。各放送局が4K8Kの特性を生かした番組をどれだけ作れるかも普及のカギとなりそうだ。

 4K放送は12月にNHKと民放キー局など9事業者がBS・CSで計16チャンネルでスタートし、8K放送はNHKがBSで1チャンネルを始める。
 この日の式典には、こうした放送事業者や通信大手などが参加。それぞれのチャンネル名とロゴが発表された。野田聖子総務相は「4K8K放送の魅力や視聴方法を知らない人が多数いることも事実。…… 本文:1,355文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社



Related Post



コメントを残す