ファミマ&ドンキ、「圧縮陳列」で店作り 立川に実験店1号オープン(SankeiBiz)



 ユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)とドンキホーテHDは1日、商品をうずたかく積む「圧縮陳列」などドンキの店作りのノウハウを取り入れた共同実験店舗第1号店を東京都立川市にオープンした。

 両社は6月末までに実験店舗を都内に3カ所設置。来店客数や売り上げ動向を調べ、今後拡大するか検討する。実験期間は公表していない。

 実験店では、通常より20~30センチ高くした棚やタワー型の什器(じゅうき)を用い、商品を積み上げ視覚に訴えるドンキ流の手法を採用。天井からつるしたチェーンに商品を取り付けて目立たせる独特の陳列もお目見えした。実験店は陳列の工夫で商品数が5000点に増え、改装前と比べ約1.5倍。うちドンキから供給を受けた商品は2800点に上る。商圏の若者や女性客の需要に照準を合わせ、特に菓子の商品数を従来比で3倍に増やしたほか、加工食品や日用品、酒を充実させた。

 ファミマのライン運営事業部の今木誠部長は「来店客数が伸び悩んでおり、(新たな取り組みで)コンビニから離れている人に来てもらいたい」と述べた。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す