4K・8K衛星放送、開始半年前で式典(SankeiBiz)



 高精細な4Kと8Kの衛星放送が半年後の12月1日に開始するのにあわせ、民放キー局などでつくる「放送サービス高度化推進協会(A-PAB)」は1日、推進キャラクターを務める女優の深田恭子さんとともに放送普及を促進するための記念式典を開いた。

 A-PABの福田俊男理事長(テレビ朝日特別顧問)は「テレビがお茶の間に回帰するんだという気持ちで12月を迎えたい」と抱負を語った。

 ただ、4K放送を視聴するには衛星放送のアンテナはもちろん、専用チューナーが必要になる。野田聖子総務相は「(放送事業者やテレビメーカー、販売店は)丁寧な説明をするようお願いしたい。普及はこの半年にかかっている」と放送各社に周知徹底を求めた。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す