人生100年会議 「人づくり革命」基本構想の骨子案提示(産経新聞)



 政府の「人生100年時代構想会議」は1日、「人づくり革命」に関する基本構想の骨子案を提示した。安倍晋三首相は「次回の構想会議で基本構想を取りまとめたい」と述べ、茂木敏充経済再生担当相に具体案の作成を指示した。

 骨子案は6章で構成。幼児教育の無償化では、5月31日に政府の有識者検討会が発表した報告書に基づき、幼稚園の預かり保育なども含め認可外保育施設を広く無償化の対象にすると明記。対象は認可保育所への入所資格を満たすにもかかわらず認可保育所を利用していない人とし、上限を認可保育所の保育料の全国平均額とした。

 また、「リカレント教育」(学び直し)に関し、労働保険特別会計を活用した専門実践教育訓練給付の対象講座を大幅に拡大するとともに、一般教育訓練給付もキャリアアップ効果の高い講座の給付率を引き上げる。高齢者雇用については多様性を踏まえ、一律の処遇ではなく成果を重視する評価・報酬体系を構築することの重要性も掲げた。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す