(けいざい+ WORLD)豪州、自動車生産ゼロに 雇用確保が課題、起業拠点化も(朝日新聞デジタル)



 オーストラリアで、ピークの1970年代に年間計50万台近くを誇った自動車生産が今月、ゼロになる。トヨタ自動車の工場が3日に閉鎖し、20日には米ゼネラル・モーターズ(GM)子会社ホールデンの工場も閉鎖予定だ。政府は、従来型の製造業に代わる先端産業の育成を急ぐ。
 豪南東部メルボルンのトヨタ工場。3日昼過ぎ、生産した「最後の1台」を囲んだ閉鎖式を終え、従業員たちが出てきた。「生産から部品管理まで様々な経験を積んだ。いい職場だったので悲しいね」。32年間働いたというマイケル・レイクさん(58)が話した。
 トヨタが豪州で生産を始めたのは63年。……本文:2,847文字
この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社



Related Post



コメントを残す