選挙結果、政界どう左右 改憲議論・野党再編…鍵握る「数字」 衆院選(朝日新聞デジタル)



 衆院選は22日、投開票日を迎える。突然の解散や野党再編が話題になったが、今後の日本政治の行方を占う重要な選挙だ。有権者の審判を前に、いくつかの数字に改めて注目してみた。

 ■284議席 国会運営突っ走るか 自民の獲得議席次第
 自民党の公示前勢力は284議席。この増減が安倍晋三首相(自民党総裁)の求心力に直結する。首相をよく知る元政府高官は「増えれば国民に支持されたという思いを強め、やりたいことに突っ走る」とみる。
 首相が意欲を示す憲法改正の発議に必要なのは、定数(465)の3分の2にあたる310議席。……本文:2,162文字
この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社



Related Post



コメントを残す