(波聞風問)続く企業不正 「これぐらいなら」させぬには 多賀谷克彦(朝日新聞デジタル)



 不正の裾野はどこまで広がり、いつまで時をさかのぼるのか。神戸製鋼所が明らかにした不正である。データの書き換えなどの不正の舞台は国内外に及び、関わった管理職は数十人に上るという。10年以上前からの不正もあり、組織ぐるみの疑いが強い。
 不正の全体像、原因の究明はこれからだ。企業不祥事が起きると、経営陣が何らかの責任を取り、再発防止策がつくられる。でも、神鋼は1999年以降、不祥事を繰り返していた。最近では、東芝や日産自動車の例もある。
 どこも法令順守、企業統治の重要性は分かっているはずだし、態勢も整えてきた。……本文:2,248文字
この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社



Related Post



コメントを残す