(けいざい+ 地域発)コメ王国の挑戦:上 脱コシヒカリ、探る新潟(朝日新聞デジタル)



 新米の季節を迎えた10月半ば、東京・日本橋の三越本店に、200キロ以上離れたコメどころのトップが駆けつけた。新潟県知事の米山隆一(50)。紅白の法被姿で、にこやかに小さなおにぎりを配った。
 「きらめく大粒。甘みとコクがある」。今年から本格的に売り出した「新之助」だ。
 37年連続でコメ産出額は全国1位。いち早く導入したコシヒカリで日本を席巻してきた王国が、頼れる武器を差し置いて、新之助をアピールするのはなぜか。
 全国のコメ農家を縛ってきた「掟(おきて)」が、今年限りでなくなる。減反政策だ。
 農林水産省は毎年、都道府県ごとにつくる量の上限を示してきた。……本文:2,849文字
この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社



Related Post



コメントを残す