東邦チタニウム、サウジ9月稼働開始(日刊産業新聞)



 東邦チタニウムが35%を出資するサウジアラビア合弁会社AMIC社のスポンジチタン製造工場(マディーナ州ヤンブー)は、今年9月にも稼働を開始する見込みだ。当初計画からは遅れたが、周辺インフラの整備などの操業条件が整いつつある。2018年度下期に同拠点で数千トンのスポンジチタンを生産する。本年度から連結対象とし、持分法損益や受取技術料など関連損益を組み入れる。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す