上場投資信託、買い控え 日銀、日経平均上昇で 終値、2万2000円超(朝日新聞デジタル)



 日本銀行が金融緩和での上場投資信託(ETF)=キーワード=の買い入れを控えている。これまでは株価を下支えして「官製相場」との批判も浴びてきたが、日経平均株価が連騰するなか、10月の日銀の買い入れ額は「ゼロ」だ。ETFの買い入れは今のままでいいのか。30~31日の金融政策決定会合で議論されそうだ。

 日銀は金融緩和で年6兆円規模のETFを買っている。一部を除き、東証株価指数(TOPIX)や日経平均などに連動するETFで、日銀が買うと運用会社を通じて幅広い銘柄が買われ、株価を押し上げる。
 日銀による「官製相場」と批判されるが、最近は北朝鮮情勢の緊迫感が和らぎ、米国株高を受けて日経平均は上昇。……本文:2,217文字
この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社



Related Post



コメントを残す