銅スクラップ輸出、米国も脱中国シフト(日刊産業新聞)



5/17(木) 11:43配信

日刊産業新聞

 中国政府による低品位・銅スクラップの輸入制限を受け、対中国輸出量で世界第2位の米国が新たな仕向け地を模索している。米国の通関統計によると、既存の輸出ルートの韓国や台湾向けで輸出量の上積みが見られるほか、従来、ほとんど取引がなかったマレーシアやタイといった東南アジア諸国向けが拡大しており、既存ルートの輸出量を上回りつつある。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す