拉麺選手権で解説「ブロックチェーン」の基礎(東洋経済オンライン)



5/17(木) 10:00配信

東洋経済オンライン

ブロックチェーン技術の実用化が、あらゆる産業に変革をもたらすテクノロジーとして注目されている。ビットコインなどの仮想通貨を支えるブロックチェーンが、金融以外の産業の何に使われるのか?  仮想通貨の第一人者で、『決定版 ビットコイン&ブロックチェーン』を出版した国立情報学研究所の岡田仁志准教授に、その可能性と問題点について寄稿してもらった。

■あらゆる産業で期待されるブロックチェーン技術

 ブロックチェーン技術の実用化が、社会変革をもたらす次世代テクノロジーとして注目されています。ブロックチェーンは発想の斬新さにおいて、あらゆるビジネスのアイデアの宝庫です。

 ビットコインなどの仮想通貨を支える技術(ブロックチェーン1.0)や、仮想通貨以外の金融機能に応用する技術(ブロックチェーン2.0)だけにとどまらず、あらゆる産業にも応用(ブロックチェーン3.0)できるのです。

 経済産業省は2016年2月にブロックチェーンに関する研究会を開催し、『ブロックチェーン技術を利用したサービスに関する国内外動向調査』を公表しました。

 その報告書で、期待される利用ケースとして5つを挙げています。

1.地域通貨
2.土地の登記
3.サプライチェーン
4.シェアリングエコノミー
5.スマートコントラクト
 具体的に言うと、地方自治体などが発行する地域通貨の流通・管理、土地の権利関係の登録・公示・管理、サプライチェーン・契約プロセスの情報管理などの既存ビジネスの効率的な運用や、シェアリングエコノミーなどの新しいビジネスの実現です。

 しかし、ブロックチェーンは「仮想通貨を支える技術」です。なぜ、金融以外の産業でも活用できるのでしょうか? 

 技術的なことは難しいので、ここではイメージをつかんでもらうために、北九州ラーメン王座選手権をケースに、ブロックチェーン3.0の実用化例を解説しましょう。

 少し前の話になりますが、このラーメン選手権の投票システムにブロックチェーンを応用した検証実験が行われました。近畿大学の山﨑重一郎教授と地元飯塚のベンチャー企業・ハウインターナショナルが開発した投票システムです。

 私も見学に行きましたが、ラーメンイベントの会場で、お客さんたちは皆さんラーメンを食べに来ているのに、場違いにパソコンを開いてプログラムを書いている集団がいて驚きました。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す