「呑んだ後」に新潮流 「小腹満たし飲料」に熱い注目(J-CASTニュース)



 ちょっとした空腹感を満たす「小腹満たし飲料」が、ビジネスパーソンに人気だ。

 エキナカの自動販売機「acure(アキュア)」を展開するJR東日本ウォータービジネスは、2017年冬の「一押し」商品として、「小腹満たし飲料」を売り込む。なかでも、帰宅時間の売り上げボリュームが伸びており、「残業帰り」や「呑んだ後の仕上げ」にゴクッとやるようだ。

■中高生に人気、30~40代に広がる

 寒くなると欲しくなるのが、温かい飲み物。ウェザーニュースの商業気象チームの調査によると、HOTとICEを飲む人の比率が半々になる境目の気温は、最高気温が20~25℃あたり。東京や名古屋、大阪などの主要都市では、10月上旬ごろからHOT飲料を入れはじめ、11月中旬ごろまでにHOT飲料をより多めに増やしていくという。

 ただ、2017年は夏があまり暑くなかったため、HOTへの切り替えを早めているようで、早くもHOT飲料商戦が熱を帯びている。

 そうした中で、注目されているのが「小腹満たし系飲料」だ。HOTでは、いわゆるコーンポタージュや味噌汁、おしるこ、ICEでは「噛んで飲める」果肉入りの清涼飲料や飲むヨーグルトなどが代表的な飲料だが、新商品も続々と登場している。

 JR東日本の駅構内などに、大きいタッチパネルが特徴の次世代型自動販売機「acure」を展開するJR東日本ウォータービジネスでは、「焼いもだより」(ハウスウェルネスフーズ、10月17日発売)や「贅沢バニラミルク いちごミックス」(南酪農農協同、11月14日発売)、「コク Grand time ふって飲む甘美なショートケーキ」(ダイドードリンコ、11月28日発売)を順次発売。この冬の商品ラインアップとして「小腹満たし系飲料」を強化した。

 同社によると、小腹満たし系飲料の売り上げは、2014年実績を100とした場合、15年度は104.0%、16年度は113.6%に達した。小腹満たし系飲料は、「当初は中高生に人気の商品でしたが、最近は30~40代の方々にも飲まれる、伸びている商品になりました」と説明。ビジネスパーソンからのニーズに応え、いずれの商品もこれまでの飲料とは一線を画す、個性豊かな商品、かつエキナカにしかない商品として売り上げアップを目指す。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す