(ヒット!予感実感)なめらか食感の油揚げ(朝日新聞デジタル)



 汁気やうまみを吸い上げる油揚げは、みそ汁や煮物などに、使い勝手のいい食材だ。ただ、少しボソボソして油っぽい印象もあった。今回、なめらかな食感で、生で食べてもおいしい油揚げが誕生したと聞き、確かめてみた。
 太子食品工業(青森県三戸町)が9月に発売した「北の大豆 きぬ練りおあげ」。一見、普通の油揚げと大差ないが、表面のきめが細かく、中にしっとりした豆腐が薄く詰まっているのが特徴的だ。生で食べてもボソボソせず、大豆の甘みが感じられることに驚く。みそ汁に入れると、なめらかな食感が新鮮だ。
 同社は大豆製品を手がけるメーカーで、様々な「業界初」の商品を世に送り出してきた。……本文:1,604文字
この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

朝日新聞社



Related Post



コメントを残す