「母の日」に ハート型スイカ登場(日本農業新聞)



 13日の「母の日」商戦でにぎわう福岡市の百貨店「岩田屋」に、ハート形スイカが登場した。その形だけで、渡す相手への思いが伝わると話題を集めている。

 生産するのは熊本市の木村洋一さん(56)。生育中のスイカをハートの型枠に入れ育てる。数時間でも収穫適期を過ぎると、肥大の圧力で裂果してしまうため、繊細な栽培管理が必要だ。

 1玉1万800円と高価だが、同店で毎年20玉は売れる。売り場をつくるバイヤーは「味も上質」と強調。リピーターも多いという。

日本農業新聞



【関連記事】

Related Post



コメントを残す