乱伐招く恐れ 「森林経営管理法案」審議へ(日本農業新聞)



 手入れが行き届いていない森林を伐採業者らに集約化する森林経営管理法案が現場の実態に即していないとして、林業者らから不安の声が出ている。法案が成立すれば、森林管理の権利が委ねられる市町村には林業専門の人材が少ない上、「目先の利益だけを考えた伐採業者による乱伐も増えかねない」との声も上がる。「適切に造林もできる伐採業者がどの程度いるのか」「市町村が適切に監視できるのか」など、懸念が相次ぐ。(猪塚麻紀子、尾原浩子)

「山守る」林家の声を 主伐推奨荒廃進む

 奈良県天川村。100年を超す大木が並ぶ。県内9市町村に1500ヘクタールの森林を所有する谷林業の谷茂則さん(43)が「100年を超す木を残す長期サイクルで林業を担ってきた吉野林の精神性と対極に、この法案はある」と淡々と語る。

 法案の目的の一つとして、林野庁は「目安として樹齢51年以上の木を主伐し、齢級構成を標準化する」と説明する。しかし吉野林業地帯では、主伐ではなく間伐を繰り返し樹齢100年超の良質材を育ててきただけに、谷さんは違和感を抱く。 谷さんは5人の若者を雇用。まきを使った温泉ボイラーなどの管理にも乗り出し、持続的に間伐し山を育てながら経済循環の仕組みを模索する。

 谷さんは「伐採を推奨する法案が通れば、過剰な伐採が進み、丸裸になる山も出てくる。造林も含め長期的な視点で山をつくる林業者こそ必要で、行政は人材育成に力を入れてほしい」と話す。

 高齢化や所有者不明などで、手の施しようがない森林は多くの林業者や自治体に共通する深刻な課題だ。

 徳島県那賀町の林業者、橋本光治さん(72)は「この法案では大規模な伐採業者だけに集約される方向性に進むだろうが、それでは余計に荒れる山が増える」と警鐘を鳴らす。持続可能な山づくりを進める橋本さんは「林業を志す若い人のために、小規模でも集積し機械の投資を支援することが必要だ。忍耐強く長期的に森林をつくることが山づくりで、現場を知らない短期的な対策は失敗する」と断言する。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す