3月の景気動向指数、拡大局面64カ月(産経新聞)



5/10(木) 7:55配信

産経新聞

 内閣府が9日発表した3月の景気動向指数(速報値、平成22年=100)は、景気の現状を示す一致指数が前月比0.4ポイント上昇の116.4となり、2カ月連続で改善した。基調判断は「改善を示している」と据え置いた。同じ表現は18カ月連続。安倍晋三政権が発足した24年12月に始まった景気拡大局面は64カ月に達したとみられ、戦後最長の「いざなみ景気」(14~20年、73カ月間)超えにまた一歩近づいた。

【関連記事】

Related Post





コメントを残す