ソフトバンク18年3月期、2期ぶり減益1兆389億円 アリババ株損失響く(SankeiBiz)



 ソフトバンクグループが9日発表した2018年3月期連結決算は、最終利益が前期比27.2%減の1兆389億円と2期ぶりの減益となった。中国電子商取引(EC)最大手アリババグループ株式の売却契約に関連した取引で、6301億円の損失を計上したことが響いた。
 本業のもうけを示す営業利益は27.1%増の1兆3038億円と2期連続で1兆円を超え、過去最高を更新。売上高は2.9%増の9兆1587億円だった。米国の税制改正により傘下の米携帯大手スプリントに約7000億円の利益押し上げ効果があった。
 孫正義会長兼社長は「最終利益の減少は一時的な損失による。(一時的な利益や損失を除けば)継続的な事業は約3倍に増益している」と強調。サウジアラビアなどと設立した10兆円規模の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」の株式評価益が3460億円に拡大したことなどをアピールした。
 国内の通信事業は、顧客拡大のための先行投資で減益となったが、利幅の大きいソフトバンクブランドの契約者数が増加し「今期の増益に反転する」と自信をのぞかせた。
 4月に同業TモバイルUSとの合併合意を発表したスプリントについて、孫会長兼社長は「(保有する)株式価値が合併後の相乗効果でさらに増える。恥とかプライドとかを飲み込んで実を取った」と話した。
 スプリントは19年半ばまでの合併完了を目指す。合併が実現すればスプリントはソフトバンクの連結対象から外れる見通しだ。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す