ピーチが万博特別機「HONA IKOKA!」号運航(産経新聞)



 格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションは9日、2025年国際博覧会(万博)大阪誘致の活動を国内外で盛り上げようと、機体側面に誘致ロゴマークが入った特別機の運航を始めた。
 公募で決まった特別機の名前は大阪弁を使った「HONA IKOKA(ほな いこか)!」号。縦横約3メートルの誘致ロゴが機体後方左側面に入っており、開催国が決定する11月ごろまで、国内は北海道から沖縄、海外は韓国からタイ・バンコクなど30路線で運航する。また、同社所有の20機すべての前方ドア付近にも小さな誘致ロゴをあしらっている。
 関空で行われた披露イベントでピーチの井上慎一最高経営責任者(CEO)は「『ほないこか』は関西以外でも親しみやすい言葉。万博誘致の機運を精いっぱい盛り上げていきたい」とあいさつ。松井一郎知事も「笑顔のシンボルマークのロゴが世界を飛んでくれる。機運醸成にすごくプラスの効果が出てくると思っている」と期待を寄せた。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す