スズキテクノス、鈴木打抜の新工場稼働(日刊産業新聞)



 ステンレス流通のスズキテクノス(本社=東京都江東区、鈴木雅之社長)は、完全子会社でステンレスパンチング製品を製造する鈴木打抜製作所(千葉県野田市)で新たな工場建屋(第3工場)を竣工、NCパンチングプレス機を新設し、4月から本格稼働を開始した。新鋭設備の稼働により生産能力は従来から2割向上するとともに、品質や歩留まりの向上、納期短縮なども見込まれる。年内には設備を2基に増やす予定で、土地・建屋を合わせた一連の投資額は約3億円。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す