キヨシゲ、越CAD拠点 今夏から本稼働(日刊産業新聞)



 鋼材販売・加工などを行うキヨシゲ(本社=千葉県浦安市鉄鋼通り、小林光徳社長)は今夏、ベトナム子会社を本稼働させる。CAD部門の増強が主な狙いで、将来的な加工・販売への進出の可能性も模索していく。同社としては初の海外拠点となる。ベトナムへのアクセス向上やリクルート強化、取引先との接点拡大などを目的として、新たに「東京本社オフィス」(仮称)の開設も決めた。国内外で拠点網を拡充し、機動力を高めることで、顧客満足度向上を目指す。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す