PSP向けゲーム「初音ミク -Project DIVA-」など開発の(株)ディンゴほか1社が破産(東京商工リサーチ)



 平成29年3月21日、破産手続きを弁護士に一任していた(株)ディンゴ(TSR企業コード:295769319、法人番号:4011001041870、渋谷区本町1-17-12、設立平成10年8月14日、資本金1000万円、庄司竜也社長)は4月25日、東京地裁より破産開始決定を受けた。破産管財人には櫻井和子弁護士(港さくらい法律事務所、港区新橋3-1-12、電話03-5510-5300)が選任された。
 負債総額は約3億4000万円。

 コンシューマーやアーケード、PCゲーム、スマートフォン向けのゲーム開発を手掛けていた。PC版「ONLINE STRIKER」やPlayStation Portableの「初音ミク -Project DIVA-」、スマートフォン向け「オカルトメイデン」の企画開発を行うなど実績を重ねていた。しかし、近年は同業との競争激化から受注不振に陥り、資金繰りも悪化。資金調達も限界に達し、破産手続を弁護士に一任していた。
 また、関連会社の(株)クリエイティブネットワークス(TSR企業コード:294645012、法人番号:7011001073746、同所、設立平成24年5月28日、資本金300万円、同社長)も同日、東京地裁より破産開始決定を受けた。ゲームソフトの企画開発などを手掛けていたが、ディンゴに連鎖した。

東京商工リサーチ



Related Post



コメントを残す