曲げ加工機械工場を新たに北米に建設 アマダHD(SankeiBiz)



 アマダホールディングス(HD)は、米東部のノースカロライナ州に曲げ加工機械(ベンディングマシン)の新工場を建設する。4月には現地機械販売会社「アドバンスト・テクノロジー・セールス・アンド・サービス」を買収しており、北米市場での製販一貫体制を築くのがねらい。

 北米市場での製造業回帰の動きを追い風に、拡大する設備投資需要を取り込む。

 新工場は16万平方メートルの敷地に、延べ床面積1万6000平方メートルの工場を建設する。

 2020年1月に操業を開始し、当初は曲げ加工機械を月産30台、同機械の周辺装置を同20台生産する予定。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す