シソ香り成分に腸炎緩和の効果 東京理科大など発見(日本農業新聞)



 東京理科大学と東京大学の研究グループは、シソの香り成分に腸炎を緩和させる効果があることを発見した。腸炎のマウスに食べさせたところ成長が改善。人での換算では成人で1日2、3枚の葉を食べると効果があるという。腸内環境を改善するシソを使った特定保健用食品(トクホ)などの開発につながると期待する。

 シソは、漢方原料にも使われ、発汗や解熱作用があることが知られていた。研究グループは、香りの主成分である「ペリルアルデヒド」で効果を調べた。

 人工的に薬で腸炎を引き起こしたマウスの子に与えて効果を確認。マウスは、腸炎になると正常に成長できなくなるが、同成分入りの水を飲ませると症状が緩和した。腸から栄養を吸収できるようになったためとみる。

 同成分は、赤ジソ、ちりめん青ジソなどに多く含まれているという。東京理科大学は「加熱するとなくなるため、生が一番いい」として、シソの機能性に注目した食品やサプリメントなどの開発が見込めるという。

【関連記事】

Related Post



コメントを残す