「母の日」向け カーネ潤沢1割安 高温で花持ち懸念も(日本農業新聞)



 「母の日」(5月13日)向け取引の最盛期を迎えたカーネーション類が苦戦している。7日の日農平均価格(各地区大手7卸のデータを集計)は1本70円と前年より1割安い。好天続きで生育が進み、4月下旬から入荷量が前年を上回っている。一方、小売りは、高温で花持ちへの懸念があるとして仕入れに慎重だ。卸売会社は「今期は前年を下回る相場で母の日商戦を終えそうだ」とみる。

 同日のスタンダード系の価格は1本74円と前年比10%安。スプレイ系は66円と同12%安だった。販売量はそれぞれ58万本、65万本と共に前年より少なかったが、4月下旬(母の日の9営業日前)から5月1週までの6営業日では全て前年を1割前後上回っていた。

 産地からの出荷は潤沢だ。主力の千葉産はピークとなる今週、「好天が続いたことで、出荷量は前年よりやや多い」(JA全農ちば)と話す。静岡県も「増量した4月中旬以降、十分な量の出荷が続いている」(JA静岡経済連)という。

 一方で小売りの仕入れ意欲は鈍い。高温でやや開花が進んでいることで「母の日の直前に仕入れる小売店も増えている」と都内の仲卸業者はみる。さらに「昨秋以降の配送料の値上がりで、宅配ギフト関連の受注を抑え、仕入れを控える生花店も出ている」(市場関係者)。

 卸売会社は取引ピークを9日までとみるが、週内は雨天の予報もあり、「国産の極端な増量はなく、品目によっては品薄になる可能性もある」とみる。しかし「宿根カスミソウなど他の洋花類も軟調で、前年を超える相場展開となる可能性は低い」と見通す。

 輸入物のカーネーションは「前年と比べて極端な数量の増減はない」(大手輸入商社)という。その上で「想定外の安値が続いており、来年以降の輸入数量を見直す商社も出てくる」(同)との見方が出ている。

日本農業新聞



【関連記事】

Related Post



コメントを残す